ミガルとジユウをつくる日々

在宅ワーカーの日記です。旅行・グルメ・ふるさと納税の記録とか。

A16 TOKYOでランチ。丸の内仲通りのテラス席でオシャレ気分を味わう。

こんにちは。

いつもご訪問ありがとうございます!

少し前のことですが、東京丸の内周辺を散歩しました。

気候もちょうどよく街並みもきれいで秋の散歩にぴったりです。

 

スポンサーリンク  

 

 

 

丸の内仲通りの少し先、三菱一号美術館近くの丸の内ブリックスクエアにあるカジュアルイタリアン「A16 」でランチ。

 

テラス席を希望。

いつ来ても庭の眺めがとても素敵で、お天気もよくて気持ちいい!

 

写真では、ベンチには誰も座っていませんが、着いたのが11時半頃で、この時はまだ空いていました。この後ランチしている間に続々とお客さんが来て、このお庭のベンチで待っていました。お天気がよければ、このきれいなお庭で待つならストレスも少なそうです。

 

A16 ・テラス席からの眺め

 

入口の様子。

 

メニュー看板。

私にはちょっと難しい、カタカナの名前のメニューがたくさん。

おしゃれな雰囲気&おいしそうです。

 

テラス席に案内していただいて、お水とカトラリー、メニューが運ばれてきました。

ランチコースのパスタを選びました。

夫はイカ墨のパスタ、私はアンチョビのレモン風味のパスタ。

どちらも本当はもっとオシャレな名前の、珍しそうな種類のパスタなのですが、覚えきれず…。

 

ピザのランチコースもありましたが、お隣のテーブルのピザを見たらとても大きくて、わが家ではとても食べきれそうにないので、やめておきました。でも美味しそうでしたよ。

 

スポンサーリンク  

 

 

 

しばらくして、ランチコースにつくパンが運ばれてきました。

表面はカリカリ、中はフワフワもちもちで、日本人好みのパンで、美味しかったです。

これにオリーブオイルがあったらもっと美味しかったかなと思いました。

 

前菜のサラダ。

酸味の効いたドレッシングとぱりぱりと新鮮な葉物野菜(レタス?)がさっぱりして美味しかったです。

ドリンクも選べました。

夫はオレンジジュース、私はジンジャーエール。



いよいよパスタが運ばれてきました。


イカ墨のパスタ。

写真の通り、パスタは丸くて、ニョッキのようでした。

ツナのようなものが入っていたけれど…少し臭み?というかクセのある味のソースで、大人味でした。こういうの好きです。とても美味しい。

 

こちら(↓)は、私が頼んだパスタ。



一見、家庭料理のマカロニサラダに入っているマカロニのようですが、マカロニっぽいけど「穴」になっていないパスタです。固ゆでで美味しかったです。

 

上に載っているのは、チーズチップスのようなもの。

パスタと一緒にいただくと、食感がよかったです。

食通の方は、こういうのを「食感がおもしろい」と言うのかもしれません。

 

パスタソースは全体的にツブツブしていましたが、メニューを見るとこれは胡桃だったのか、または粉チーズかな。チーズがよく効いていて、普段はチーズはそれほど食べない私ですが、レモン風味になっていたので、さっぱりと美味しくいただけました。

 

ふつうレモン風味って、食事の最後の方になると消えてしまうことが多いように思いますが(リーズナブルなものばかり食べているから?)、このパスタは、最後までレモン風味が感じられて美味しかったです。

 

最後にデザート。

 


しっとりとしたスポンジケーキ。

少し洋酒が効いているようでした。

クリームは普段は苦手ですが、それほどしつこくなくて、食べられました。

最初は美味しくいただきましたが、最後はちょっと甘すぎてデザートにしては量が多かったかもしれません。私が辛党だからか…

 

サラダはスッキリとしていて、パスタも(うまく言えませんが)すっと食べられる大人味でとても美味しかった!大満足です。

 

周辺も含めてお店の雰囲気もいいし、これからの秋~冬にかけて、また行きたくなるお店。

おすすめです!!

 

 

小諸城址・懐古園の紅葉。木の下から見上げる紅葉はすばらしい!

こんにちは。 いつも当ブログをお読みくださりありがとうございます。

いつも当ブログをお読みくださりありがとうございます!

先日は、小諸市の手打ちそば「郷ごころ」さんについて記事を書きました。 

 

mimiko335.info

 

 

今回は、「郷ごころ」さんで美味しいお蕎麦をいただいた後に訪れた、「紅葉狩り」についてです。

 

 

スポンサーリンク  

 

 

混雑していなさそうな紅葉の名所を夫が探してくれて、車で「小諸城址・懐古園」に移動しました。

 

目次

 

 

 

懐古園とは

平安時代に起源をもつ小諸城の跡地で、大正15年に日比谷公園なども設計した本多清六氏によってつくられた観光地だそうです。

日本さくら名所100選、日本の歴史公園100選にも指定されているという、有名な公園とのことです。

全く知らずに行きましたが、由緒ある公園だったのですね。

 

駐車場

混雑を避けていったつもりが、懐古園周辺の道路は車でいっぱいでした。

みんな懐古園に向かう車のようです。

懐古園すぐ近くの駐車場は満車で心配しましたが、案内のスタッフさんが、周辺の駐車場が載ったマップを渡してくれて、そちらに駐車しました。

周辺の駐車場はそれほど混んではおらず、しかし懐古園からさほど離れていないので、便利です。安価ですが、有料です。

駐車場から懐古園までは、城下町のように整備されていて、落ち着いた雰囲気でした。

ややシャッター街のようになっていたのが、少し寂しく感じました。

 

懐古園の中へ

中に入るためには、いくつか門があるようですが、わが家はこちらの門(記憶が曖昧ですがたしか東門)から。

 

入場料を支払って(大人二人で400円)、中へ入ります。

 

道なりに歩いていくと、お蕎麦屋さんがあったりして、さっき食べたばかりで満腹なのに興味をそそられます。

 

お蕎麦屋さんの脇は橋がかかっていて、橋の向こうも紅葉した木々がたくさん。

 

 

スポンサーリンク  

 

 

動物園もあります。

橋の先には、ちいさな動物園がありました。

大小さまざまな動物たちがいて和みます。

みんな可愛すぎます( *´艸`)←動物好き。



 

 

ライオンの「なな」ちゃん。



見始めたころは大人しかったのですが、急に観客に背を向けたかとおもったら、ぐぉっっ、ぐおっっ、ごーーーーーっっ、ぐおぉっっ、ぐおぉっっ・・・・ものすごい大音量で、人間の体格のいい成人男性が激しく嗚咽?嘔吐?しているような声をだしました。

 

ものすごい大音量が園内に響いたのか、周辺から観客が集まってきて、ななちゃんの体調が急に悪くなったのではないかと心配そうに見つめていました。

 

数分経った頃、急に爆音がやみ、ななちゃんは、何事もなかったかのように、観客の方を向き、カメラ目線でおすまし。それが上記の写真です。

 

あの大音量の吠え声?は、いったい何だったのか…(笑)

あの大音量で、具合が悪そうな声だったにも関わらず、園のスタッフは誰も来なかったので、日常の出来事なのかもしれませんね。

 

それにしても、大声で吠える時は観客に背を向けて、済んだらみんなの方を向いて“おすまし”するあたり、「女の子」ですよね、かわいいです( *´艸`)

 

たくさんの紅葉

ちいさな動物園を出ると、庭園が続き、さまざまな紅葉が見られます。

東屋からは笛の音色が聞こえてきました。


 



 

木の下から紅葉をみあげたら…

東屋から少し離れたところにある、色づいた木の下にベンチがありました。

ベンチにすわって上を見上げると、紅葉がこんな風に見えました!



 



 


遠くから紅葉を眺めるのも美しいですが、木の下から上を見上げるとこんなに鮮やかに美しく見えるものかと嬉しくなりました。

 

ちなみにこの写真、スマホのカメラで撮ったんです。

スマホだけでこんな風に鮮やかな色が出るとは、スマホカメラの性能ってすばらしいですね。

 

スポンサーリンク  

 

 

どの色づきかたもステキです

写真を撮るのがうれしくなってしまって、もみじ以外の紅葉もたくさんカメラに(スマホに…)おさめました。

 



 

色づいて花びらのような葉っぱ。



 



着物の模様のよう。



 

何かに似ていると思ったら…ポンキッキの「ムック」にみえる…。

(通りすがりの若い人は、「セサミストリート」みたいと言ってましたが(笑))



懐古神社をとおり、満足して懐古園を出ました。


 もともとは「混んでいそうな軽井沢を避けるために」選んだ懐古園でしたが、行ってみたら、すばらしい紅葉を愛でることができて、とても充実した散歩になりました。

お天気も絶好の行楽日和で、寒くもなく、本当に気持ちよかったです。

こんな日に恵まれて、幸運でした。

 

 

【小諸城址・懐古園】

  • 住所:長野県小諸市丁311
  • 小諸駅出口から約8分
  • 電話:0267-22-0296
  • 休園日:12~3月中旬は水曜日定休、年末年始(12月29日~1月3日)(※遊園地は12月1日〜3月中旬 休園)
  • 開園時間:9:00~17:00(動物園と遊園地を除く園内各施設共通)
  • 動物園   平 日:9:30~16:30 休 日:9:00~16:30
  • 遊園地   平 日:9:30~16:30 休 日:9:00~16:30

 

 

おいしい日本蕎麦:手打ちそば「郷ごころ」さんでランチ@小諸市。コロナ対策もばっちりです。

こんにちは。

いつも当ブログをお読みくださりありがとうございます!

 

先日、小諸~軽井沢に旅行に行ってきました。

 

スポンサーリンク  

 

 

健康上の理由で普通よりも感染に気を付けないため、コロナ禍では旅行は控えていました。

今回は、自家用車で、かつ、ソーシャルディスタンスに厳重に気を付けていけば、大丈夫でしょうと考えて、コロナ禍になって以降初めて、県境を越えて泊まりで旅行に出ました。ちょうど感染拡大が下火の頃でしたし。

 

旅行、ほんっと久しぶりです。

 

そんなわけで、しばし旅行記にお付き合いいただければと思います。

 

*****

 

出発したのは日曜日。

軽井沢に泊まるので軽井沢を散策すればよいのですが、休日の軽井沢は混雑していると予想して、人ごみを避けて小諸市へ。

 

ランチは、私のリクエストで夫が日本蕎麦のお店を見つけてくれました。

 

「郷ごころ」さんです。

 

到着したのは、開店時間の11時半少し前でした。

駐車場はお店の横に2~3台分ありました。

 

開店したばかりでしたが、既にお客さんは1組いらっしゃいました。

わが家は2組目。

 

入口で消毒をして、店内に案内されました。

 

わが家にとって、感染症対策をしているかどうかは超重要項目です。

 

その点、店内はしっかりと感染症対策をされていて、一安心。

 

店内も広く、テーブルの間隔も広くとってありました。

テーブルには衝立もあります。

 

お座敷席も、しっかりと衝立で分けられています。

 


さらに、各テーブルごとに空気清浄機が置かれていました。

すごい設備投資。プラズマクラスタ付き。

 

お通しにお漬物

ほどよい塩加減でした。おいしい。


もう一品、写真は撮り忘れてしまいましたが、油揚げとおからの和え物もお通しにいただきました。

かす漬けのような風味もあり、薄味でとても美味しかったです(わたし好み)。 

 

スポンサーリンク  

 

 

 

メニューの一部はこちらです。

人気のお蕎麦屋さんに来たら、やはり十割蕎麦をいただきたいところです。

メニューを見ると、夏は毎日提供されているようですが、秋は毎日ではなく、この日は断念しました。

 

 

天ぷらがグレードアップされた「上天ざる」もありました。

 

 

食の細いわが家は、二人ともお蕎麦一人前で充分なので注文しませんでしたが、おつまみメニューもありました。

リーズナブルでびっくりです。


 

少し悩んだ末、2人とも「天ざる」(上天ざるではなく)にしました。

開店直後でスタッフさんが足りていなかったのか、お料理が出てくるまでに少し時間がかかりました。



 

 

 

サクサクの揚げたて天ぷらに、歯ごたえのしっかりしたお蕎麦。

ん~やっぱり美味しいです( *´艸`)

出汁の風味も塩加減もちょうどよかったです。


天ぷらもたっぷり、お蕎麦の量も他のお店よりも少し多めかと思います。

夫は完食しましたが、私はお蕎麦を少し残して夫に食べてもらいました。

普通のお蕎麦屋さんで、量が少なめと感じる方には、ちょうどよい量かと思います。

 

少しするとデザートが出されました。

デザートがあるとは知りませんでした。

芋ようかんですね。


甘いものが好きな夫は、美味しい美味しいといって喜んで食べていました。

美味しいというので私もいただきましたが、わずかですがバターの風味がして、バター風味が苦手な私には合いませんでした。

夫に食べてもらいました。

 

デザートは私には合いませんでしたが、本命のお蕎麦と天ぷらは、すっごく美味しい!!大満足でした。

 

ふいに行くことにしたお店でしたが、人気店のようで、食事をしている間に、どんどんお客さんが増えていきました。

お店の外には、列ができていて、駐車場を待つ車も数台ありました。

(混んでいるから他のお店に行こうと話している家族も)

 

手打ち蕎麦「郷ごころ」さん、開店直後に早めに行くのがスムーズですね。

とっても美味しいお蕎麦でした。

おすすめです!

 

スポンサーリンク  

 

 

 

 

JR小海線 三岡駅より徒歩1分。

三岡駅から65m

 

東京・京橋のおすすめランチ:「別亭 神田 新八」の「おばんざい」

こんにちは。

今回は、以前、所用で母と京橋に行った時のランチのご紹介です。

 

京橋のランチと言えば、「京ばし松輪」さんのあじフライ定食」

…ですが、

今回は「別亭 神田新八」さんへ。

「おばんざい定食」。

 

京橋に用事があるときはいつも、「松輪さんの  あじフライ」だったのですが、用事を済ませて駅ビルを通過する時に、この「おばんざい定食」の食品サンプルを見て、「いつか食べてみたい」と思っていたのです。

 

「神田」の和食屋さんなんて、聞いただけで美味しそうですよね。

しかも「おばんざい」が9種類もあって、バランスがとれていて嬉しい。

 

メニューは右上から時計回りに、

・ポテトサラダ

・茄子とカボチャの煮物

・レンコンのキンピラ

・鶏の唐揚げ

・ワカメのお浸し

・里芋の煮物

・きゅうりの酢の物

・焼き魚(鯖)

・中央には…大根おろしつき卵焼き

 

でてきた瞬間「わ~きれい~」と思わず言ってしまう上品な見た目。

お味も見た目どおり、どれもさっぱりお上品で美味しい!

 

特に私が好きだったのは、「茄子とカボチャの煮物」です。

出汁がとてもよく効いていて、特に茄子は口に入れるとじゅわっと旨味がでてきて「!」と感じます。

かぼちゃも、ちゃんと皮をむいて面取りして煮たら、こんなに美味しいんですね。

 

「里芋の煮物」も美味しかったです。ちょうどよい柔らかさで、こちらも出汁がよく効いていて、味噌とよく合いました。

 

里芋の煮物といえば、私は「日本ばし 大増」の里芋の煮物が子どもの頃から大好きです。

大増の里芋の煮物は、甘みがあって濃い目のお味で、温かくても冷めてもとても美味しくて、ご飯にとってもよく合います。

子どもの頃、夕食にこれが出てきたら、すごくうれしくて大事に大事に食べたものです( *´艸`)

 

神田 新八さんの里芋の煮物は大増とは対照的に、薄味でおだしで勝負。

大人味で、これはこれで、すっごく美味しい!

 

里芋だけで語ってしまいましたが…(^^;

食が細い私でも、どれもすべて、美味しくいただけました♪

 

途中、女性限定でデザートサービスも!

抹茶のババロア(たぶん…)。ちゃんと抹茶のお味がしっかり効いていて美味しかった!

 

ちなみに…店内もステキでした。

私が座ったのは普通のテーブル席でしたが…おひとり様用のオシャレなカウンター席もあり

 

そして…

お店の中に、少し高くなっているところがあって、障子で仕切られた個室もあるんです。

 

ランチ時でしたが、大人数のミーティングなのか、接待なのか、スーツ姿のみなさんがぞろぞろ入っていきました。

さすが京橋。主婦にとっては珍しい光景です。

 

ビジネスマンは、こういうところで普通にランチしてるのかな?と勝手に優雅なビジネスマンを妄想しました。

私の隣に座ったスーツ姿の男性2人組は、「おぉ。上品だなぁ」と言いながら食べてました。

 

ランチ時の店内は、ほとんどが近くで働く人たちのようでした。

12時半くらいになったら仕事に戻ったのか、さ~っとお店が空きました。

 

 

お客さんの年齢層はちょっと高めの様子。

30代後半くらい以降のお客さんが多くて、男女は半々くらいでした。

 

お店の外の様子。

 

お店の外にはサンプルがしっかり出ていてどれも美味しそう!

母は焼き魚定食を選びました。

サンプルは鯖のようですが、私たちがランチしたのは早い時間だったからか、

焼き魚定食は「ほっけ」でした。

母も「脂がのっていてとっても美味しかった」と言っていました(*^^*)

後から焼き魚定食を頼んでいた人たちは、「鯖」だったようです。

 

コロナが落ち着いたら、また京橋まで足を運びたいです。

 

 

本郷三丁目ミシュランのラーメン店「にし乃」:老若男女におすすめ!

こんにちは。

わが家は散歩でお寺や神社に行くことも多いです。

今回は、東京文京区の「湯島天神」にお参りに行った時に立ち寄ったラーメン屋さんをご紹介します。

 

目次

 

 

東京文京区の湯島天神でお参りすると、周辺のお店はどこも混雑していますよね。

そんな時に、ちょっと足をのばして本郷三丁目まで散歩してランチ、というのもいいかもしれません。

ふだんはあまりラーメンは食べない私ですが…本郷三丁目にある「にし乃」さんは、味もお店の環境も含めて、とてもよかったのでおススメです!

 


東京文京区本郷3丁目にあるラーメン屋さん。

「にし乃」

 湯島天神の梅まつりに行った帰りに、本郷三丁目方面に向かって歩き、たまたま通りかかったお店です。

 湯島天神から徒歩で歩ける範囲で着きます。

 

 食べログで高評価・ミシュランにのったラーメン店

冒頭の写真は、「にし乃」さんのお店の前です。

大通りから細い路地に入るので、お店の前はわりと静かです。

上品な雰囲気ですね。

 

たまたま通りがかっただけで、もちろん初めてのお店なので、美味しいのかも評判も分からず、ググってみると…

 

食べログでは「3.69」の評価。高評価ですね。

そして決定的だったのは!

 

 

ミシュラン

 

ミシュランに載ったと言われたら、見逃すわけにはいきませんよね。

 

お店の様子

お店の前にはこのような↓説明書きがあります。

「お品書き」にはメニューが5つしか書かれていませんが、店内に入るともっとたくさんの選択肢があります。

 

お店に入ると券売機があります。

 

券売機のメモに素直に従って、「中華そば」を選びました。

あと…夫が欲しそうにしていたので(笑)「皿ワンタン(肉)2個」も追加。

ラーメン屋さんに入るのに慣れていないので、私にとってはこういう券売機もひとつひとつが新鮮です!

 

座席はカウンター

私は特にですが、女性は荷物が多い人が多いですよね。そういう時、ラーメン屋さんのカウンター席ってちゃんと荷物を置く場所があるのか?心配になります。それが原因で、ラーメン屋さんを避けている部分もあります。

 

ところがこのお店はすごい!感動しました!←おおげさ

 

カウンターの下に、荷物用の大きな袋がありました。

 

私の大きなリュックもすっぽり入ります。

これだけで、かなり気分よく過ごせます。

 

お水、お手拭き、紙エプロンはセルフサービスです(たしか割りばしも)。

ラーメンが出てくるまでに席を立って用意してスタンバイ。 

 

中華そば

そしてラーメン登場です。

 

ベジタブルファーストの習慣があるので、ホウレンソウからいただきます。

 

ホウレンソウ、美味しい!!出汁とすごくマッチしています。上質のホウレンソウのお浸しのようでした。

 

そして、ラーメン

細麺で、やや固ゆで。出汁がよくきいていて、脂っぽくなく、出汁に旨味がきいていて、とても食べやすかったです。お上品なお味。普段はラーメンを食べない私ですが、ほんと美味しい(^^)/

 

チャーシュー。

これも薄切りで食べやすい。脂っぽさもちょうどよいです。さっぱりしていて、ラーメンのスープの味とよくマッチしています。塩加減とかスープに浸すことを前提に考えられているのかな?(ラーメンに詳しい人に言わせれば、当然なのかもしれませんが。)

 

肉ワンタン

肉ワンタンも途中で登場しました。

カウンターには食べ方の説明があります。

肉ワンタンの食べ方

①スープに入れて

お酢をかけて

 

まずは、②お酢をかけて 食べることに(夫と私、一つずつです)。

さっぱりして、エビではないけどプリプリして美味しい。これは予想通りです。

夫はそのままお酢をかけてパクリと全部食べてしまいましたが、私は、半分残しました。

 

そして、残りをお酢に浸すこと数分。

ラーメンのスープに浸して食べてみることにしました。

 

これが!すっごく美味しい!!大発見です( ゚Д゚)

 

お酢に浸されていた肉ワンタンの酸味と、ラーメンスープの旨味がすごくマッチしているのです!

 

「肉ワンタンは、お酢に数分浸してからスープに浸して食べるべし」

 ぜひおススメしたいです。

 

ちなみに、ラーメンの量は女性にはちょうどよいと思います。

食の細い夫でも少し足りないくらいだったそうです。

さらに食の細い私は食べきれなかったので、夫に食べてもらってちょうどよいくらいでした。

 

店内・トイレも清潔感あります。

ちなみに店内はとても清潔感があって、老若男女、気持ちよく過ごせます。

私たちが店内にいる間も、老若男女が出入りしていました。

私の近くに座っていた若い男性は、どうやら若いお医者さん2人組らしく、患者さんの転院先について話していました(←個人情報を外で話してはいけません、ほんとは)

 

あと、気になるトイレ情報。

トイレもきれいでした。もちろん洋式でしたが、便座の蓋の開閉がボタンで動くタイプこれを取り入れているお店、いいな~と思います。

 

*****

そんなわけで、偶然たどり着いた本郷三丁目ミシュランのラーメン店、「にし乃」。

出会ってよかったお店でした!おすすめです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稲取温泉 海一望絶景の宿「いなとり荘」宿泊記:絶品お食事編!

こんにちは。

先日の「いなとり荘」の記事(↓)の続きです。

 

mimiko335.info

 

 

夕食前の温泉に入った後は、お待ちかねの夕食です!

 

 

スポンサーリンク  

 

 

目次

 

  

いなとり荘の夕食は?:お刺身の魚が選べる!

夕食はお食事処でいただきます。

お食事処について受付を済ませると・・席に案内されるかとおもいきや、

お刺身にするお魚を1人1種類選ぶことができました。

 

わ~選べるの~!!これだけでも、かなりウレシイ(*^^*)

 

魚の知識が乏しい私は、珍しそうという理由で「ホウボウ」、食に詳しい夫は「縞鯵」を選びました。

 

いよいよお食事です。

 

 右に見切れていますが、食前酒は「ライチ酒」。

 

前菜は、写真左から

・うぐいすカステラ

・(器)もずく酢+蒸し鶏と山椒風味のオクラの和え物

・烏賊のテリーヌ+アスパラ山椒醤油焼き

・鰻小袖巻

・鱚(キス)の焼き物

 

先ほど選んだお魚を含むお刺身はこれです!

オレンジの上にのっているのは、選んだお刺身です。

左の白っぽいのが「ホウボウ」、右が「縞鯵」です。

 

ホウボウって、普段あまり口にしないけれど、コリコリ歯ごたえがあって、とても気持ちの良い食感。すごく美味しかった!!

 

わさび醤油だけでなく、オレンジジュレや塩をつけても美味しかったです。

もちろん、ワサビは、その場ですったものです。

 

アワビを取り分けてくださいました!

稲取といえば「あの魚」、ですが、その前に「アワビ」!

お給仕の若い女性がわざわざ取り分けてくださいました。

まだ20歳そこそこに見える若い女性だったのですが、ナイフとフォークをつかって手際よく取り分けてくださいました。

まだお若いのにすごく頑張っていて応援したくなりました。

(酔っぱらっていて情け深くなってたかな。。)

  レモンバターをつけていただきますが、よく合いました。

 

稲取温泉といえば「金目鯛」!

稲取温泉といえば、「金目鯛」ですね。

キンメダイのお料理を3種類もいただきました!

 

①金目鯛のしゃぶしゃぶ!!

一言でいうと、とても美味しかった!

なのですが、ポン酢でさっぱりといただくせいか、これがキンメダイという魚の味なんだ~とじっくり味わうことができました。

 私は、3種類の金目鯛のお料理の中では、しゃぶしゃぶが一番美味しかったです。

 日本酒とほんとうによく合いました。

 

 

② 金目鯛の煮付け!

 キンメダイと言えばやっぱり煮付け、という方も多いかと思います。

夫はこれを目当てに「いなとり荘」を選びました。

それほど美味しいのです。

稲取郷土食とのことです。

 

この煮つけも、担当の女性スタッフの方が、キレイに取り分けてくださいました。

煮汁につけながらいただくと、ほんと、甘みがあって美味しい。

 

スタッフの方に「少し後に残しておいてください」と言われました。

 

その理由はこちらです(↓)!

 


 「いなとり荘飯」です!!

 

こだわりの食べ方がメニューに書かれていました。

 

ご飯の上に金目鯛煮付けの身を少々、煮汁をかけ薬味をのせ、一心不乱に混ぜたら絶品「いなとり荘飯」の完成です。

 

はい、「一心不乱」に混ぜました(笑)

 

一心不乱に混ぜるとこうなります!

いや、ほんとね、美味しいです。

 

この記事を書きながら、食べたときの味を思い出してきました。

 

旅行に行くと、ご飯が出てくる頃にはたいてい既にお腹いっぱいで、いつもならとても食べられないのですが、この時は美味しくいただきました!

 

濃い煮汁でこってり味だったけれど、薬味がたっぷりで食べやすかったです。

 

ちなみに夫は、今回の旅でダントツNO1は、この「いなとり荘飯」だったそうです。

 

③ 金目鯛の揚げ物

メニューに載っていなかったので正式な料理名は忘れましたが、金目鯛の骨を揚げたものでしょうか?揚げたては香ばしくてやっぱり美味しいですね。

 

そしてデザートをいただいて夕食をおえました。

たくさん食べた後ですから、こういうさっぱりとしたデザートがちょうどいいです。

 

早朝の露天風呂からの「金目鯛のお味噌汁」!!

さて、翌朝です。

 

朝いちばんで、絶景露天風呂に入りました~!!

 

おススメは温泉のあとのサービス!!

 

金目鯛のお味噌汁です!!

温泉から出た後のロビーで、時間限定でふるまってくださいます。

 

朝いちばん、しかも温泉の後の金目鯛のおみそしる。

魚の具もたくさん入ってますよ。

 

まさに「五臓六腑に染み渡る」とは、こういうことを言うのかなと感じます。 

 

 

七味唐辛子をふっても美味しいということで、ふってみたら入れすぎた…

七味をいれても美味しい!

「あ、いれすぎた」と思わず口に出てしまったら、お給仕の女性が「薄めましょうか?」と言ってくださって、お味噌汁を加えてくれました!

ちょうどおかわりしたいと思っていたので、ラッキーでした( *´艸`)

 

いなとり荘の朝食は「なめろう」がおすすめ!

朝一の温泉の後は、レストランで朝食です。

 

朝食はバイキング形式。

和風・洋風、たくさんあって、どれも手抜かりなしでした!

和食、魚介が豊富。

 

特におすすめは、写真のプレート皿のうち、大きな金目鯛の干物の横に小さく映っている塊「なめろう」です!

 

この「なめろう」をご飯の上にのせて、ゴマをふって、だし汁を注ぎます。

絶品 漁師飯


 もう、これは間違いありませんね。

 はい。そのとおり、「絶品!!!」でした。

 

やはり海の近くでお魚をいただくのは格別ですね。

 

 露天風呂からの初日の出もおススメです。

「いなとり荘」には、ハイクラスな「潮騒倶楽部」というエリアもあります。

潮騒倶楽部のエリアは一般とわかれていて、廊下の絨毯までもが上質でした。

 

私がとまった一般のエリアでも十分快適で満足でしたが、潮騒倶楽部にとまったら、

さぞ快適なんでしょうね~。憧れますね。 

 

 

ちなみに、「いなとり荘」は年末年始にも行ったことがあるのですが、あさ一番の露天風呂からみた日の出は最高!でした。

そろそろお正月の予約をする時期です。

稲取温泉の「いなとり荘」、ぜひおススメです。

 

 

 

稲取温泉 海一望絶景の宿「いなとり荘」宿泊記

こんにちは。

2019年の10連休に夫と旅行に行った時のレポートです。

コロナ禍で2019年の出来事が遠い昔のような気がします…

 

スポンサーリンク  

 

 

 

 

目次

 

 

東伊豆といえば稲取温泉!わが家は「いなとり荘」をリピート!

行先は、東伊豆の稲取温泉です。

稲取温泉と言えば、「銀水荘」というところが有名なようですが、わが家は「いなとり荘」という旅館に泊まりました。

 

8~9年前にも行って、とても良かったので今回で2回目です。

いなとり荘の玄関前

交通手段と最寄り駅

交通手段は、電車です。

 熱海駅から伊豆急線に乗り換えて「伊豆稲取駅」が最寄駅です。

 

駅構内には「つるし雛」の看板がありました。

改札を出ると、「いなとり荘」の送迎の方が旗をもって待っていてくれて、車で送ってくださいます。

 

チェックインは早めが吉

チェックインは15時ですが、宿に着いたのは14時少し過ぎ。

 

早すぎると思いきや、既に沢山のお客様がいらっしゃいました。 

ひろ~いロビーでくつろげます。

着いた順番にお部屋に案内していただけるので、チェックイン時間よりかなり前について、くつろぐのが吉かと思います!

 

スポンサーリンク  

 

 

 

着いたとたんに、ステキなおもてなし。

ホスピタリティーに感激です(*^^*)

黒豆黒ゴマのお饅頭と黒豆茶

 「鯛のあぶり焼き」がおすすめ!

ピンクの浴衣を着た若い女性スタッフの方がお部屋に案内してくださいました。

 

お部屋は、びっくりするくらい海が目の前!

すごい迫力です。(曇り空で写真が暗くてすみません。。)

オーシャンビュー!


 

お部屋の座卓にもお茶菓子が用意されています。

お部屋に用意されていたお茶菓子

 

 この「鯛のあぶり焼」がものすごくおいしい!

 

ほどよい甘辛のお味。

お茶請けにもよいし、お酒のおつまみにもぴったり!

甘すぎるのはちょっと…という方にぜひ。

売店に売っていたので、お土産に決定です!

  

 

スポンサーリンク  

 

 

 

温泉旅館の部屋においてあるお菓子の理由

ところでこのお部屋にあるお茶菓子、どうして置いてあるのでしょうか?

 

私は以前「温泉に入る前に一休みするため」だと思っていましたが…

ほんとにそうかな?と思って調べたところ、「血糖値を上げるため」 なのだそうです。

 

温泉までの長旅で疲れて血糖値が下がっているので、そのまま温泉に入るとさらに血圧が下がって、体調をくずす可能性があります。

それを防ぐために、お菓子を食べて血糖をあげておいてくださいね、ということだそうです。

 

脱線しましたが、いなとり荘のレポに戻ります。

 

 いなとり荘の温泉は4つ。コースの解説もあります。

いなとり荘には、温泉が4つあります。

 

最上階にある「展望大浴場&絶景露天風呂」が2か所、中規模の浴場(露天風呂付)が2か所、合計4か所あります。

 

その4つの入り方を解説した読み物もあります!

 

温泉の解説

楽しいお風呂診断

 

お風呂診断の結果!

大浴場のロビー、中規模の浴場のロビー、それぞれにサービスがあるので、その解説をしてくれています。

 

親切でありがたいです。

 

お風呂診断の結果、(結局いつも通りですけど)夕食前に1回、夕食後に1回、翌朝に1回コースにきめました!

 


温泉マークの湯気3本、1日目に温泉に2回入り、翌朝に1回入るとよいということを表していると聞いたことがあります。

 

そんなわけで、夕食前に展望大浴場に入ってきました。

あいにくの曇り空だったので、上の画像のような絶景というわけにはいきませんでしたが、気持ちよかった~。

 

というわけで長くなりました。

絶品「お食事編」はこちらです!

 

mimiko335.info