ミミコ日記

更新を楽しみにしてもらえるようなブログを目指します。

時代遅れといわれても新聞購読を再開してうれしい。

先日から、日経新聞の購読を再開しました。

 

私は新聞が好きですが、少し前の引っ越し前後は、購読していると色々面倒なことが増えるので、いったん購読をやめていたのです。

 

引っ越しを終えてしばらくして、最近やっと新聞購読を再開しました。

うれしい。

 

 

以前は「紙の新聞」だけでしたが、なんと今回は、「日経電子版」も購読し始めました。

「電子版の購読料+1000円」で電子版と紙の新聞の両方が購読できるなんて、なんというお得感。ありがたいですね。

 

スポンサーリンク  

 

 

 

「日経電子版+紙の日経新聞」を購読して数日たって、良かったことを挙げてみます。

 

電子版を始めて良かったのは、外出先でちょっと時間が出来た時(エレベーターを待つときなど)、さっと新聞記事が読めて便利になったことです。特に、外出するときに本を持っていくのを忘れたときなどとても助かります。

 

また、日経新聞のアプリから直接記事にアクセスするので、読んで後悔するようなネット記事が目に留まりにくくなったことも良かったと思います。

 

紙の日経新聞について良かったことは、日常のなかに「毎日玄関に新しい新聞が届く」という楽しみが増えたことです。

朝、「今日もきたきた」と思いながら新聞をとって開いたら、なんとなく嬉しい。昭和人間の感覚かもしれませんね。

 

新聞購読を再開して心配な点は、新聞を読む時間をつくることで、睡眠時間が減るのではないかということです。

新聞を読む時間を確保したら睡眠時間が減るなんて、なにかおかしな時間の使い方をしているのかもしれません。そのあたりは、工夫が必要です。

 

現役世代で新聞を購読している人は、どのように時間を確保しているのでしょうか。

気になります。